キャビテーション後の食事ってどうしてる?もっと痩せるための食事方法はこれ!

キャビテーション後の食事ってどうしてる?もっと痩せるための食事方法はこれ!

数あるエステの施術の中でも特に人気のキャビテーション。脂肪を細胞レベルで破壊することで部分痩せもできると話題ですが、キャビテーションをした後の食事はどうすれば良いのか迷いませんか?

キャビテーション後に食事をするうえで大事なポイントを守っていれば、さらなるダイエット効果が期待できますよ。

今回はキャビテーション後にどんな食事をすれば良いのか悩む方に向けて、最適な食事方法や工夫の仕方をご紹介いたします。

キャビテーションをした後は吸収されやすい?

キャビテーションをした後は、体がほぐされ代謝が良くなっています。

代謝が良い状態での食事はカロリーを吸収しやすくするため、キャビテーション後すぐの食事は避けたほうが無難です。

キャビテーション後は一時的にカロリーを吸収しやすい状態に!

キャビテーションは専用の超音波マシンを使い、直接脂肪に働きかけることで脂肪を破壊して溶かす施術方法です。

脂肪を溶かすということで、セルフケアでは難しい脚のセルライトやむくみを解消する効果もあります。脚だけではなくウエストや二の腕、背中などにも効果があり、ほぼ全身のお手入れが可能であることがメリットです。

ただキャビテーションには脂肪を溶かす効果はあるものの、その溶かされた老廃物を体外に排出する効果はありません。そのためキャビテーションで溶けた老廃物を排出させる施術がセットで行われます。

キャビテーションの効果ってどんな感じ?副作用や注意しておくべきことはある?

キャビテーションとセット行われる施術
  • ヒートマットで体を温め発汗させる
  • エステティシャンによるハンドマッサージ
  • 専用マシンで運動量を増やす

これら一連の施術をした後の体は血行が良くなり代謝も高まっています。そのため施術後の代謝が良い状態で食事をすると、普段よりも食べたものが吸収されやすい状態になっています。その後の食事でカロリーがすぐに吸収されてしまうと、キャビテーションをした意味が無くなってしまいますよね。

そこで気を付けるべきポイントは、キャビテーション後の食事は2~3時間ほど空けるということです。キャビテーション後の空腹を避ける為にも、施術前に食事を済ませておくことをおすすめします。

ただ、キャビテーション前に食事をする場合もできるだけ1時間前には済ませておいた方が良いでしょう。個人差もありますが、痩身エステの施術によって体温が上がり、血行や体内の循環が良くなるため、直前に食事をしたことで気分が悪くなってしまう場合が考えられるからです。

施術前に食事をする場合は、胃腸の負担にならない温かく消化の良いものを食べると良いでしょう。

キャビテーションの後はどんな食事をすればいい?

キャビテーション後2~3時間は食事を避ける方が良いですが、エステの予約時間や生活スタイルによってはどうしても無理な場合もありますよね。

また痩身エステの後は空腹を感じやすくもなるので、2~3時間なにも食べないというのは厳しいものがあります。

ことね

出来るかぎり我慢してほしいという気持ちはありますが、我慢できないほどの空腹を感じたら食べてください!(笑)そんな時におすすめの食事方法や注意点をご紹介しますね。

お菓子などの間食は控えよう

キャビテーション後に限らずダイエット中なら控えるべきものが、お菓子などの間食です。手軽につまめるからとついつい手を伸ばしたくなりますが、美味しいと感じるお菓子には砂糖や油が多く含まれているものがほとんどで、カロリーが高いわりに栄養価が低いのが特徴です。

キャビテーションの施術さえ受けていれば大丈夫だと安心してしまい、お菓子など好きなものを食べても良いと思われている方も多いですが、それではキャビテーションをする意味が全くなくなってしまいます。間食することで一時の空腹をしのぐことは可能ですが、甘い物やスナック菓子には中毒性があるので、それらで食欲を満たすことは危険です。

本当に綺麗になりたいなら間食しないに越したことはないでしょう。キャビテーション後の間食はできるかぎり控えましょう。

野菜を積極的に食べよう

キャビテーション後にどうしても食事をしなければならない場合は、野菜類をメインに食べましょう。野菜は栄養価が高くカロリーが低いので、ダイエット中は積極的に食べたい食品です。

キャビテーションの効果を持続させる為には身体を冷やさない方が良いので、温野菜や野菜メインの温かいスープなどを食べ、体を冷やさない工夫をすることが大事です。

サラダとして食べる場合は、ハイカロリーなマヨネーズやドレッシングをかけてしまうと低カロリーの野菜を食べる意味が無くなってしまいます。サラダの場合はお酢やオリーブオイルをかけて食べるのがおすすめです。塩分の摂りすぎも体重増加につながるので、塩の量にも気を付けましょう。

肝臓に負担をかけないように水分をしっかり摂ろう

キャビテーション後は肝臓に負担がかかっています。

痩身エステではキャビテーションで溶かした老廃物を体外に排出するための施術もセットで行われます。しかし、どれだけプロのハンドマッサージや特殊なマシンを使用しても、人間の体の構造上すぐに老廃物を排出することは不可能なのです。そのため老廃物は一時的に肝臓に集中してとどまります。そのためキャビテーション後は肝臓に負担がかかっていると言えるのです。

これらの対策として、水分を意識してしっかり摂りましょう。水分を多めに摂取すると、汗や尿として体外に排出されやすくなります。体内の循環が良くなるので内側からより綺麗になれますね。

キャビテーション後の飲み物はできるだけ冷たいものを避けましょう。代謝や血行が良くなっている状態で冷たいものを摂ってしまうと体が冷えてしまい、痩せにくくなってしまうからです。水分補給には常温もしくは温かいお茶や白湯がおすすめです。

キャビテーションをした次の日からの食事はどうすればいい?

キャビテーションをした翌日からの食事も迷いますよね。

ことね

キャビテーションの効果を最大限に上げるためには翌日からも気を付けたいポイントがあります。ぜひ参考にしてみて下さいね。

ダイエット中だという自覚を持とう

ダイエット中であるという自覚を持つことは、キャビテーションをしている期間は特に大切になってきます。キャビテーションは脂肪を溶かし分解する働きがあるのでダイエットにとても効果的ですが、代謝が良くなることで脂肪を蓄えやすい状態にもなっているからです。そのため翌日からもダイエット中という自覚を持って食事内容に気を付けたいものです。

毎日体重計に乗ったり、鏡でボディラインをチェックすることも食事を見直す意識につながりますよ。キャビテーションをした次の日からも気を付けたい5つのポイントをまとめました。

1日3食きっちりと食べる

ダイエット中は無理な断食などをして栄養が偏りがちになることがあります。綺麗になる為に断食などで頑張る姿勢は素晴らしいのですが、体が飢餓状態になるため逆にリバウンドしやすくなります。
長期的なダイエットの成功のために、朝昼晩とご飯をきっちり食べましょう。

間食を控える

間食はできるだけ控えましょう。人間は本来、栄養バランスのとれた食事をしていると、間食をしたいと感じることは少なくなってくるものです。

どうしてもお腹が空いてしまうときは、砂糖や油を使わないお菓子を手作りすることをおすすめします。今はレシピ検索サイトでダイエット用のお菓子レシピが数多く掲載されていますよ。

炭水化物などの糖質を摂りすぎない

ダイエット中はカロリーだけでなく、糖質の摂取量に気を付けることも大事です。パンやパスタなどの原材料である小麦、また白米には糖質が多く含まれており、ダイエットでお悩みの方はこれらの炭水化物を多く摂取している傾向が強いです。

炭水化物などの糖質の量を抑えるために、食事の際は先にサラダなどの野菜を食べ、一番最後に少量の炭水化物を摂るなどの工夫をしましょう。また果物や、野菜であってもイモ類は糖質が高いので食べる量に気を付けましょう。

油分、脂肪分の多い食事は少なめに

揚げ物など油を多く含む食品もダイエット中は適していません。先に野菜類や高たんぱく低カロリーのおかず(副菜)を食べ、揚げ物などは少量に留めておきましょう。

こまめな水分補給をする

体内の循環を良くするために水分補給をしましょう。キャビテーションをしている期間は体を冷やさないことが大事なので、常温かそれ以上の温かいものがベストです。喉の渇きを感じる前に水分を摂ることがおすすめです。

水やお茶を小まめに摂ることでお通じも良くなり、腸内環境も整うのでダイエットにも効果的です。

摂取カロリーをできるだけ抑えよう

キャビテーションをしている期間はカロリーの吸収も良くなっているので、一日の摂取カロリーをできるだけ抑えるように意識してみましょう。最近はメニュー表にカロリー表示をしているお店も多いです。外食するときはそれらを参考にすると良いですね。

自宅でご飯を食べるときは、使う食材や調味料にも気を使うクセを身につけておくと、美意識があがりリバウンドもしにくくなります。

ダイエットサプリなどの併用もアリ!!

最近はダイエット用のサプリが数多く販売されています。摂取カロリーが多くなりがちな外食が多い方には特におすすめですが、それぞれの生活スタイルに合わせて上手く併用できると良いですね。

基本的にこれらのサプリは継続使用することで太りにくい体質にしていくものです。そのため使用感や価格などで、継続できるものを選ぶことが大事です。

キャビテーション後の食事を工夫してダイエットを成功させよう!

心がけるポイントは普通のダイエットと同じことで、常にダイエット中であるという意識を持つことが大切なのですね。

キャビテーションという特別な施術を受けている時こそ、食事を工夫してみましょう。少しの心がけで、さらにダイエットの成功につながっていきますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA