痩身エステで内出血やあざはできる?どれくらいで消える?

痩身エステで内出血やあざはできる?どれくらいで消える?

痩身エステでは、専用マシンやハンドマッサージで痩せたい部位に集中的にお手入れしていきます。施術を行うエステティシャンはプロなので、内出血ができないように気を付けています。

しかし脂肪の付き方や体質、その時の体調などによってはどうしても強い力が加わってしまうことがあります。そのため内出血やあざができてしまうことがあるのです。

これから痩身エステを受けようと思っている方は、そのような内出血やあざができないか心配ですよね。もしくはもうすでにできてしまってお困りの方もいらっしゃるかと思います。

他人からよく見られる箇所や、露出の多くなる季節にあざや内出血ができてしまうと本当にショックですよね。

そこで、ここでは痩身エステ後に内出血やあざができる原因や正しい対処法をお伝えしていきますのでぜひ参考にしてくださいね。

あざや内出血ができやすい部分ってどこ?

あざや内出血ができやすい部分は脂肪やセルライトが多く付いている箇所になります。一般的には太ももやウエスト、二の腕ですね。

余分な脂肪が付いているほどその部位の血液循環も悪くなっているのですが、そこに強い力が加わることでさらに血管が圧迫されてしまうのです。そのため血管に負荷が加わり毛細血管が傷ついてしまった結果、あざや内出血として表れます。

また、冷えやすく血行が悪くなっている箇所もあざができやすい傾向にあります。冷えやすい箇所としてはやはりセルライトやむくみができやすい箇所であり、太ももやふくらはぎは特にあざができやすい部位としてよく例を挙げられます。

あざや内出血が痩身エステによる好転反応だったということはある?

痩身エステの施術を受けるうえでエステティシャンから説明を受け、好転反応という言葉を耳にすることがあるかもしれません。

これはあざや内出血と間違えられることもありますが、実は全くの別物です。その言葉の通り、施術を受ける過程で症状が改善しているということです。好転反応にはあざや内出血のような痛みが無いのが特徴です。

痩身エステに好転反応はどんなの?

痩身エステの好転反応としてよく見られる傾向が赤い湿疹です。

小さい斑点のような形となって表れることが多いでしょう。赤いことからあざや内出血と間違われることがあるのですが、これは違います。蓄積されていた老廃物が排出されようとしている兆候です。このような好転反応である場合、痛みは感じません。

老廃物である毒素が溜まっている時は、特に好転反応が出やすいと言われますが、実際にはこういった場合に好転反応が起こる、という決まりはありません。個人差やその時々の体調によるものが多いので、プロのエステティシャンであっても何とも言えないのです。

よく見られる好転反応の兆候
  • 赤い湿疹
    施術を受けた箇所に表れる赤く小さな斑点の様なもので、腫れは無く痛みもありません。
  • 体の倦怠感
    痩身エステ後は血行や代謝が良くなっているため眠気やだるさを感じることがあります。

赤い斑点の様なものができたときに内出血と間違うことがありますが、これらの好転反応は短時間で消えることがほとんどです。

赤い斑点ができていると初めは驚くかもしれませんが、痛みもないものなのでエステの効果が効いていると思いながら気長に消えるのを待ちましょう。

痩身エステによるあざや内出血はどんなの?

痩身エステによるあざや内出血は、青色~赤紫色のような色をしており、触ると痛みがあるのですぐに内出血だと分かることでしょう。

好転反応とは違い、一か所にできる範囲が大きいというのも特徴です。また、あざや内出血ができやすい体質の方もいます。

あざや内出血ができやすい人の特徴
  • 脂肪が多い
  • セルライトやむくみを溜めやすい
  • 老廃物が蓄積されている状態
  • 冷え性で血行が悪い

これらの傾向がある場合はあざや内出血ができやすいと言えます。

あらかじめできる対処法としては、日頃から湯船につかることや体を冷やしすぎないように気を付けることでしょう。施術前にも体をしっかり温めるようにしましょう。また、冷え性であったり、むくみを溜めやすい方は、施術前にエステティシャンに伝えておくことも大切です。

あざや内出血ができやすい痩身エステの種類はなに?

痩身エステの種類は豊富で、その中でも特にあざや内出血ができやすい施術があります。

吸引系エステ

脂肪を揉みほぐす目的で使用される吸引系の専用機器ですが、これはあざができやすい傾向があります。余分な脂肪が付いているほど吸引力も上がるうえに、機械の特徴であるローラー部分が直接肌の上で転がるので、刺激が強くなってしまうのです。

この吸引系の機械は押し付けすぎないように当てることが大事なのですが、脂肪の付き方によっては押し付けすぎてしまうことがあるのです。そのことによって施術箇所の刺激が強くなり、あざや内出血ができやすくなってしまいます。

ハンドマッサージ系エステ

太もものセルライトケアやウエストの脂肪を落とす施術の場合、コースメニューにハンドマッサージが含まれていることが多いでしょう。脂肪やセルライトをほぐす為に、その部位を潰すような形で揉みほぐし、流していく施術になります。この揉みほぐしの段階で痛みを感じる場合は、あざや内出血ができる可能性が高くなります。

これはエステティシャンの腕にもよるのですが、新人のエステティシャンに当たった場合などによく見られることで、必要以上に強い力を加えてしまったり、指先だけを使い揉みほぐそうとする場合に強い痛みを感じ、あざが出来てしまうことがあります。

手のひら全体を密着させて、一か所に集中させるのではなく広範囲にバランスよく力が加わるようにマッサージしてもらうことが大事です。

ラジオ波系エステ

ラジオ波は脂肪を分解させるために気になる箇所に振動を与える専用機器です。

この機器を直接施術箇所に当てる際に、押し付けすぎて圧が強くなりすぎたり、振動が強くなった場合にあざとなって表れることがあります。

ラジオ波系の施術は上記の吸引系やハンドマッサージ系のエステと比べると、そこまで内出血ができるものではありませんが、まれに出てしまうことがあります。

痩身エステでできたあざや内出血はどれくらいで消える?

痩身エステ後にできたあざや内出血はだいたい1週間もすれば気にならなくなり、その頃には痛みも軽くなっていることでしょう。まずは様子を見ることが大事です。

ただし、やはりあざや内出血が消える期間にも個人差があるので場合によっては長引くこともあるかもしれません。3~4週間ほど経っても消えない場合は病院で診てもらうことをおすすめします。また必ず施術を受けたエステサロンへ連絡し、状況を伝えましょう。

何らかの措置を取ってもらえるかもしれません。

痩身エステによってあざや内出血ができたらまずは冷やそう

あざや内出血の対処法として、痛みを感じる場合はまずは冷やしてください。

保冷剤、またはビニール袋に氷水を入れて患部に当てると良いでしょう。冷やすことで痛みや炎症を抑えることができます。

痛みや炎症が引いた後は温めましょう。小まめに入浴したり、カイロを使用しても良いでしょう。温めることで血行が良くなり、血液循環も良くなります。循環が良くなることであざが早く引いていきます。

注意点として、痛みをあまり感じないからと言って初めから温めることは避けてください。炎症が悪化することがあります。エステを受けた日にあざや内出血に気付いたらすぐに冷やしてくださいね。

あざや内出血ができたから痩せるというわけではない

あざや内出血ができても痩せるという保証はありません。

痩身エステでは、強い力で専用マシンやハンドマッサージを受けた方が効果があると思われる方が多いのですが、強いほど効果があるというものではないのです。あまりに強い力で施術を受けても痛みが強くなり、逆にストレスになってしまうかもしれません。

ストレスは痩身にとって良くないので痛いと感じるなら早めにエステティシャンに伝えましょう。

通常は、エステティシャンが施術箇所の脂肪の付き方や冷えている具合を見て、その部位にあった適度な力で施術をしてくれることでしょう。あざや内出血ができたときは、まずは冷やして経過観察をする、ということを心掛けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA