痩身エステの勧誘の断り方は?お互いが気持ちよく終わる方法はこれ!

エステの勧誘の断り方は?お互いが気持ちよく終わる方法はこれ!

痩身エステに行ってみたいな、お試しエステに行ってみたいなと思っているけど、勧誘されたらどうしようって思っている人も多いですよね。

そこで体験エステに行くと勧誘は必須なのか、現役エステティシャンの友達に聞いてみました。

エステの勧誘と、勧誘された時の上手な交わし方、断り方まで詳しくご紹介しますね。

最も大事なのはお互いが気持ちよく終わること

お試し脱毛、お試し痩身エステ、お試しフェイシャル。
エステサロンのお試し体験エステに行ってみたいけれど、勧誘されたらどうしよう…と思っている人は多いのではないでしょうか。

はっきり言って、今時エステサロンで強引な勧誘はありません。
今はどんな職種でも、ちょっと不手際があるだけでネットに悪評を書かれてしまいますので、エステサロンだってきちんとわきまえています。

ただし、体験エステに来たお客さんには、ご紹介の意味を込めてきちんと施術内容やメニューの説明するのがエステティシャンの仕事でもあります。

この説明を、受ける側の意識次第では”勧誘”ととっちゃうことも。
でも実際は強い勧誘をされることはありませんので、安心してください。

体験エステに行く場合は、他のエステサロンとの比較で行くようにすると、勧誘された際も「今、他のエステサロンと検討中なので、また考えてから来ますね」とスムーズにお断り出来ます。

ただし、エステを一切検討していない場合は、体験エステに行くことはやめておきましょう。
エステサロンに興味を持っている人や、本当に自分へのご褒美の時間を提供するためのエステを検討している人が体験エステに行くのはもちろんOK。
ただし、冷やかしで体験エステに行くのはやめましょうね。

エステサロンのスタッフも、仕事として丁寧に向き合ってくれています。
お互いが気持ちよく終われるようにするためにも、こちら側もエステを検討するための体験エステとして利用するようにしましょう。

勧誘されない状況を作っておこう

いざ体験エステに行くぞ!となった時、無理な勧誘はされないとわかっていても「勧誘されるんじゃないかな」と思ってドキドキしてしまいますよね。
そこで、勧誘されない状況をあらかじめ作っておくこともポイントです。

アンケートには勧誘されそうな内容を書くのは控えよう

エステサロンに行くと、カウンセリングシートやアンケートを記入するように案内されます。
アンケート等に記入する際、勧誘されそうな内容っていうのがあります。

現在の職業について

職業欄は、たとえバリバリフルタイムで働いていたとしても「専業主婦」または「学生」と書きましょう。
専業主婦や学生は、自分1人に高額な買い物の決定権がないことがあります。
主婦の場合は「主人に聞いてみないとわからないです」と言えば良いし、学生さんの場合は「親がなんというかわからなくて…」と言えばOK。

企業で正社員として働いている場合、本人に安定した収入があるとみなされ、エステも入会するのでは?と思われてしまい、強めにご案内される可能性もありますので、専業主婦と書くのが無難でしょう。

美容にかけるお金について

1ヶ月に美容にどれくらいお金をかけているかを聞かれることもあります。でも、美容にかけるお金は毎月定額と言う人は少ないでしょう。
毎月10,000円等具体的な金額を書くよりは、「月によって違います」と答えておくと良いでしょう。

施術後に予定があることを伝えておこう

体験エステに行くと、施術前に体験エステの流れを説明されます。エステがそろそろ終盤かなと思った頃に「すみません、今日は○時にここを出なくちゃいけないんです」と次の予定があることを促しておきましょう。
施術後に予定があることを伝えておけば、無理に引き止めて勧誘や説明をしようとは思わないでしょうし、スムーズに帰ることが出来ますよ。

施術中の会話では【契約しそうなお客さん】にならないように気をつけよう

エステティシャンから見た「契約しそうなお客さん」っているんです。契約しそうなお客さんの特徴をご紹介します。

見た目からセレブ+ブランドバッグ

エステティシャンは美容の仕事ですので、当然お客さんの外見もしっかりチェックしています。きちんとした身なりをしていることはもちろん、持ち物や服装までしっかりチェックして、大体どのくらい自分にケアが出来ているかまで見られています。
見た目からブランドバッグにおしゃれな小物類、車の鍵(キーに車のエンブレムがついているので)を預かる時など、外見と小物チェックをしてます。
「お金持ってそう」と思われたくない時、は地味で清楚な格好でエステに行きましょう。

アンケートの職業欄が公務員などお堅い仕事

エステサロンでアンケートを書く時、職業欄に公務員など安定収入の職業を書くと「この人お金持ってる、ローンも組める!」と判断されます。
特に公務員の人にはグイグイと勧誘するサロンもありますので、職業欄には必ずしも本当のことを書かないようにしましょう。

エステコースの説明時や提案時に迷っている人

綺麗になりたくないと思う女性はいませんし、本当にエステを受けたいと思っている人のことはエステティシャン側もわかります。
体験エステにも満足していて、コースを金銭面やスケジュール面で迷っている人には、エステサロン側も「あと一押し!」と思って強めに勧誘する体制に入ることもあります。
エステに入会する意思が固まっていないのならば、「家で考えます」と言って返事を改めるようにしましょう。

施術後の勧誘はどんな感じなの?

体験エステでは、施術後に勧誘タイムがあると言われていますよね。勧誘タイムって一体なんなのでしょう?

勧誘は一切ないの?

勧誘は一切ありませんと書かれているエステサロンもたくさんあります。でも、体験エステに来てくれたお客さんのために、どんな内容に施術をしたのかという説明と、今後エステの契約をしたいと思うかもしれないお客さんのためにも、エステの説明をするようになっています。
さらっと説明が終わることもあれば、ハーブティーなどを飲みながら、ちょっと長めに時間を取っていることもあります。

コースの説明はされる?

体験エステを受けた後はどんなエステサロンでも、施術メニューについての説明や、ボディチェックで体の変化についてのお話があります。
もちろん、本契約を検討しているお客さんもいるかもしれないので、一通りコースの説明はされます。でも、これはあくまでも流れに沿っての説明です。
勧誘が怖いなと思うひとは、「今日は契約しません」ということを最初に伝えておくと、施術後の説明もあっさり終わるでしょう。

お金がないと言えば断れる?

エステサロンで勧誘を断る時、つい言い訳として「お金がないので…」と言ってしまう人がいますが、これはNGです。
エステサロンには、お金がないというお客さんには、ローンや分割払いを勧めるようにマニュアルがあるのです。
お金がないというよりも、「主人がお金を出してくれているので、主人に許可を取ってからではないと契約できません」と断る方が良いでしょう。学生さんや親と同居している若い人であれば「親に許可を取らなきゃ契約出来ません」と言って断りましょう。

契約しないとお店から出れない?

エステサロンでコース説明をされても、契約しないとお店から出られないなんてことはありません。今時、契約するまで帰さないというようなエステサロンはありませんのでご安心を。
もし雰囲気に流されて契約してしまったけれど、やっぱり解約したいと思った時は、クーリング・オフのシステムがあります。

クーリング・オフシステム
エステサロンで本コースを契約してしまったけれど、家に帰ったらやっぱり解約したい、そう思った時は、クーリング・オフが利用出来ます。

クーリング・オフの条件さえ満たされていれば、エステもクーリングオフの対象となります。

・契約期間が1ヶ月を超えていて、なおかつ金額が5万円以上の契約をした
・契約書面が交付されてから、”8日以内”にエステサロンへ書面で通知する

条件を満たしており、きちんとした手続きを取れば、クーリング・オフは簡単に出来ます。クーリング・オフが成立した場合、エステサロンで契約した事柄自体が無効となりますので、違約金やペナルティ金などの発生もありませんし、エステサロンに出向く必要もありません。

いざという時は、クーリング・オフシステムがあることも知っておきましょう。

他のエステと比べると伝えると嫌な顔される?

体験エステで勧誘を断る時に、「他のエステサロンと比較してから考えますね」と伝えるのもベスト。
お互いが気持ちよく終わる方法としては、最適な勧誘の断り方です。
他のエステと比べていると言っても、嫌な顔をされることはありませんし、そこで勧誘も終わりです。むしろ「選んでもらうためにより良い対応をしよう」と思って感じよく接してもらえるでしょう。

ポイントとしては、具体的に比較している他社サロン名を出すこと、例えばたかの友梨やTBCなど各都道府県にあるような大手エステサロンと比較するようにしましょう。

体験エステで自分に合ったエステティシャンを見つけよう

体験エステに行きたいけれど、勧誘が怖くて行けないという人にとって、エステサロンの勧誘はしつこくないとおわかりいただけたのではないでしょうか?

今時、しつこい勧誘をするエステサロンはありませんので、心おきなく体験エステに行ってみましょう。

自分の体のことを預けるエステティシャンさんは、施術も上手で丁寧な人がいいですよね。
体験エステで、自分好みのエステティシャンやセラピストさんと出会えるのは、本当に嬉しいものです。

美容が人生の目的になると、自分の軸も強くなります。まずは体験エステからチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA