短期間でふくらはぎ痩せに挑戦!一週間でどれくらい痩せれるの?どんなことをすれば良い?

短期間でふくらはぎ痩せに挑戦!一週間でどれくらい痩せれるの?どんなことをすれば良い?

ふくらはぎは脂肪が少ないと言われるパーツなのですが、ふくらはぎが太くて悩んでいる人は多いですよね。
太ももと違って、ふくらはぎはスカートの下から出ていることも多い部分なので、細くなりたい!と思うのに、なかなか細くならない…

ふくらはぎが太い理由
  • 筋肉が原因で太い
  • 脂肪が原因で太い
  • 足のむくみやセルライトが原因で太い

デスクワークの人、車通勤の人など日常的にあまり運動をしない人や歩かない人は、足やふくらはぎを使う機会が少ないので、どうしても太りやすくなってしまうのです。

そこで、短期間でふくらはぎ痩せをしたいと思った時は、一週間でどれくらい痩せられるものなのでしょう?どんなダイエットをしたら良いのでしょうか。

ふくらはぎが太い原因を知ろう!

まずは、ふくらはぎが太い原因を探っていきましょう。体のどこに肉がつきやすいかは遺伝も関係しますが、生活習慣も大きく影響しています。
詳しく見ていきましょう。

デスクワークなどにより、足がパンパンにむくんでいる

デスクワークなどで普段足を動かさない人は、足がパンパンにむくんでいることが多いです。足は体の中で下の方にあるため、水分や老廃物もたまりやすくなって体内循環が悪くなり、むくみが生じてしまうのです。

立ち仕事などにより、筋肉が付き過ぎている

全ての人に当てはまることではありませんが、立ち仕事をしている人はふくらはぎに筋肉が付き過ぎてしまい、太くなってしまうことがあります。
特に、昔運動部で足を鍛えていた人は、筋肉が付きやすい体になっていますので、立ち仕事をすることでさらに足が太くなってしまいます。

立ち仕事の人は足のむくみも出やすくなるため、ダブルで足が太くなってしまうのです。

足に脂肪が溜まっている

ふくらはぎは基本的に脂肪が付きづらいパーツなのですが、全体的に太めの人はもちろんふくらはぎにも脂肪が溜まっています。

短期間でふくらはぎ痩せをするために何をすれば良い?

お腹やお尻は、食事制限などをすると割と痩せやすい箇所なのですが、ダイエットしてもなかなか痩せないのがふくらはぎです…
モデルのような美脚に憧れますよね。

短期間でふくらはぎ痩せをするには、どんなアプローチをすると良いのでしょうか?

自分でできるふくらはぎマッサージ

ふくらはぎはマッサージをすることで、足のむくみを取って細くする効果があります。
自分で簡単に出来るふくらはぎマッサージ方法をご紹介します。

  1. ふくらはぎ全体にマッサージオイルかマッサージミルク、ボディバターなどを塗る
  2. 手をグーの形にして、手の第二関節の骨を足首からすねの骨の部分に当てるように、下から上に向かってマッサージしていく

このマッサージ方法は、すねの骨の部分はちょっと痛みを感じることもあるのですが、血行が良くなりむくみ解消にも効果的です。
お風呂上がりに毎日ふくらはぎマッサージの習慣をつけるだけで、足が細くなっていきますよ。

お風呂上がりに最適!ふくらはぎストレッチ

脚やせしたい!と思う人には、お風呂上がりにすると良いストレッチもあります。

脚やせストレッチ
  1. まず仰向けに寝ます
  2. 足裏にタオルを引っ掛けます。
  3. タオルを引っ掛けた方の足を、ゆっくりと天井に向かって持ち上げていきます
  4. 伸ばした方の足をそのままで、しばらくこの体勢を3~5分キープしていきます
  5. 次は、先ほど伸ばした方と反対の足も同様にタオルを引っ掛けて伸ばします

脚やせストレッチをする際は、出来るだけ体がぐらつかないように体幹を意識しながらするようにしましょう。

ストレッチポールでふくらはぎをゴリゴリ!

ふくらはぎが痩せにくいのは、脂肪が固まってることが原因するって訳です。
まずは、ストレッチポールを使って、ふくらはぎの筋肉をほぐしていきましょう。

  1. ストレッチポールにふくらはぎを片足乗せる
  2. ふくらはぎの根元から膝裏まで動かす
  3. 10往復すると、ふくらはぎの筋肉のコリがかなり無くなります。

動作はゆっくりなので、深い呼吸をしながらチャレンジしてみて下さいね

長期的に脚やせをする方法

ふくらはぎ自体の脂肪を取るのはとても難しく、根気良くダイエットしていくことが大切です。
1回ついてしまった脂肪は、1日で落ちるというわけではありません。

私たちの体は、運動することで筋肉が動きます。すると、血液やリンパの流れがよくなり、余分な脂肪や老廃物が排出されて、痩せやすい体へと変化します。
新陳代謝がアップすると顔色や透明感にも影響するので、美しくなっていきます。

でも、運動するのが苦手な人や、なかなか運動する時間が取れない人もいますよね。
そんな人は”ながら”で運動がオススメです。

ちょっとした時間を見つけて!料理の待ち時間つま先立ち

料理をする時に、”ながら運動”でふくらはぎを細くしていきましょう。
ふくらはぎの筋肉を刺激すると、血行が促進されます。

  1. まず背筋をピンと伸ばしてお腹に力を入れます。
  2. 足を軽く開いて立ちます
  3. そのままかかとの上げ下げを1秒に1回のペースで20回行います。
  4. これが1セット。その後つま先を立ててふくらはぎの筋肉を伸ばします。

この運動を1日3セット行うと、脚やせにも効果的ですし運動不足解消になりますよ。

デスクワーカー必見!電気毛布で足を温めて!

足のむくみは、冷えが大敵です!
特にデスクワーカーの人は、座ったままの姿勢から動かないので、足が冷えたまま凝り固まってしまいます。
そんな時は、コンパクトなひざ掛けの電気毛布で足を温めましょう。
電気毛布の中で足首を回すストレッチをすると、さらに脚やせ効果もありますよ。

理想のふくらはぎってどれくらいの細さ?

だいたい女性のふくらはぎの平均値は22~23cmです。一般的には、理想的なふくらはぎのサイズは身長×0.2cmの数値だと言われます。(あくまで一般的な平均値なので、全ての人に当てはまるわけではありません)

それでは早速、ふくらはぎのサイズを測ってみましょう。
ふくらはぎサイズを測る時は、裸足になって立ったまま図ります。ふくらはぎのちょうど真ん中付近で一番太い箇所を測ります。

ふくらはぎを測る時は起床後すぐに計測しましょう。午後以降はどんどんむくんでしまうので、ふくらはぎの正確なサイズがわかりません。

短期間のふくらはぎ痩せには限界がある?絶対に痩せないといけない理由があるなら脚やせエステも検討して!

脚やせって短期間では難しいし限界がある、簡単には脚やせ出来ないんだ…と言うことがわかりましたよね。

  • 脚やせするには、まず足のむくみを取らなければならない
  • 筋肉太りをしている人は、筋肉の上に脂肪がつくと落ちにくい
  • 脚やせするためには、正しい方法でダイエットしなければ痩せない

でも、旅行前にどうしても痩せたいと言う時や、あの日までにあのワンピースが着たいんだ!って言う時もありますよね。
そんな時は、即効性がある脚やせエステを検討してみるのも1つの選択肢です。

痩せにくいふくらはぎは、プロのエステティシャンの手と、脚やせに効果的な最新の美容機器を使うから、即効で効果を実感します。

脚やせに効果的な美容機器
  • キャビテーション(特にオススメ!切らない脂肪吸引と呼ばれるほどの威力)
  • EMS(運動が苦手な人向け、筋トレ効果がある美容マシン)
  • エンダモロジー(部分痩せに向いている美容機器、セルライト解消にオススメ)

ふくらはぎにセルライトや老廃物がたくさん溜まっていると、足は年々太くなって行きます。
脚やせエステは1回でもかなり効果を実感しますが、何度かエステを受けることでセルライトや老廃物が溜まりにくくなり、脚やせ効果を実感しながら美脚をキープすることが出来ますよ。

脚やせエステはこんな人におすすめ
  • むくみやすい人
  • 全体的に足が太い人
  • ふくらはぎがパンパンの人
  • 靴底の減りに偏りがある人
  • 膝の上にお肉が乗っている人
  • 昔運動部で筋肉がガッチリしている人

エステが初めての人も、脚やせやセルライトケアに特化したメニューが受けられるエステサロンなら、短期間で理想のふくらはぎを手に入れることが出来ますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA