ダイエット中に甘いものが食べたくなった時にできることってなにかある?

ダイエット中に甘いものが食べたくなった時にできることってなにかある?

ダイエット中は、みんな何かしらの食事制限に挑戦しますよね。中でも、甘いものを我慢しようと思う人は多いでしょう。
スイーツを食べたら太る!と思っている人はたくさんいます。
でも、甘いものが食べたいのに我慢してしまうと、かえってストレスが溜まってしまうことに…
みんなはダイエット中に甘いものが食べたくなったら、どうやって気を紛らわしているのでしょう?

なんで甘いものを我慢してるの?甘いものがダイエットに良くない理由って知ってる?

ダイエット中は、甘いものが食べたくなりますよね。でも、甘いものは太るから我慢しますよね。
どうして甘いものが食べたいのに、我慢をしているのでしょう?

実は、甘いものには、自分が思っている以上に体に影響を残すのです。
特に市販されている甘いお菓子には、ほぼ白砂糖が入っていると言われています。

白砂糖の依存性物質

ダイエットしている時ほど、甘いものが欲しくなったりします。
これは我慢によるストレスでイライラすることと、白砂糖を求めてしまうという依存に原因があります。
よくある市販のお菓子は、白砂糖が含まれているのですが、白砂糖には強烈な依存性物質も含まれています。
「ダイエット中だけど、お菓子欲しいな。ちょっとだけ食べよう」と思って、気づけば1袋空けていたという経験はありませんか?
砂糖中毒という言葉があるほど、白砂糖は依存性の食べ物だと言われています。
お菓子がどんどん欲しくなるのは、この砂糖に含まれる依存性物質によるものも影響しています。

甘いものに含まれる糖質とは?

甘いものがダイエットに良くない理由とは、甘いものに含まれる糖質に原因があります。

スイーツなど甘いものは糖質を含んでいます。糖質を含む食べ物を食べると、体内でブドウ糖に分解され、ブドウ糖が血液中を巡ります。

さらに、糖質を摂取すると血糖値が上昇し、それを抑えるためにインスリンが分泌されるのですが、インスリンは残った糖質を中性脂肪に変えて、身体に脂肪として蓄積させ内臓脂肪になってしまうのです。

糖質を摂り続けることは、内臓脂肪の蓄積や、体内での悪循環が起きてしまうきっかけになるのです。

痩せられないのは甘いものを食べているからなの?

痩せられない原因は、甘いものを食べているから、という1つの原因もありますが、それが全てではありません。
痩せられない原因は、甘いものの摂りすぎの他にも、運動不足、生活習慣の乱れ、食生活の乱れ、暴飲暴食、飲酒など様々な原因があります。
また、ストレスも痩せられない原因になってしまいます。ストレスが過剰にかかってしまうと、甘いものが欲しくなり、つい甘いものに手が出てしまう、という悪循環が生まれてしまいます。

甘いものを食べなければダイエットに成功するの?

甘いものはダイエットには大敵と言われますが、甘いものを食べなければダイエットに成功するというわけではありません。
甘いものが大好きなのに「ダイエットのためだから…」と甘いものを我慢していると、最初は体重も減るのですが、だんだん横ばいになってダイエット停滞期に入っていきます。
この停滞期はしばらく続くこともあり、我慢していることの反動が出てしまい、逆に太ってしまうこともあるのです。

ダイエットのためだから!と、甘いものを我慢しすぎて、ストレスになってしまうのは逆効果になることも多いです。
食べたいと思うものを無理やり我慢するのではなく、少しでも満腹感を保てるようなお菓子を食べるようにすると良いでしょう。

みんなは甘いものが食べたくなった時にどうやって我慢している?

ダイエット中どうしても甘いものが食べたくなった時…みんなはどうやって我慢しているのでしょう?

我慢せずに糖質の少ないチョコレートを少量食べる

どうしても甘いものが食べたくなったら、糖質の少ないチョコレートを、少しだけ食べるようにしましょう。

一般的にチョコレートは、カカオ以外の材料が多く使われているため、糖質量が高くなってしまいます。普通のミルクチョコレート1枚食べると、糖質量を25g~35gほどの摂取してしまうことになります。

カカオが70%以上など高濃度で含まれているチョコレートは、食物繊維による便秘解消効果も期待されています。
昔流行ったチョコレートダイエットも、このカカオ成分が高いチョコレートを使ってするダイエットでした。

そこで、糖質量が少ないチョコレートを選んで、ダイエット中のおやつでもあり、体質改善するようにしましょう。
コンビニやスーパーでも、糖質の少ないチョコレートの種類は豊富になってきました。ダイエットのお供に糖質が少ないチョコレートを確保しておくと、どうしても我慢出来なくなった時のお助けアイテムになりますよ。

カロリーを計算して食べた分はすぐに運動する

お菓子類には、カロリーが表示されています。食べた分、運動してカロリーを消費すれば、その分のカロリーは体内に蓄積されずにすみます。
普段の食事からカロリー計算をしておき、食べた分は運動で消費していく癖をつけておくと、どうしても甘いものが食べたくなった時も「食べたら運動しよう」と罪悪感を持たずに済むようになります。

結局は精神力や忍耐力の問題

ダイエットをすると決めても、すぐに挫折してしまう人、痩せたけどリバウンドしてしまう人は、意志が弱いということがあります。
空腹に耐えられるだけの精神力が続かず、無制限に食べることを我慢出来ないという忍耐力のなさも原因です。
おやつを我慢する、運動するなどより「今回こそ、最後のダイエットにする!」という気合いを入れてダイエットに臨む気持ちこそ、ダイエット成功の一番の秘訣です。

今日からできる!甘いものを我慢する方法

ダイエットを成功させるために、今日から出来る甘いものを我慢する方法をご紹介します。

食事で満足させる

ダイエット中は、食事制限をして少食になりがちです。食事はごく少なめにしていても、間食をしたらダイエットは成功しません。
ダイエット中こそ、食事はきちんと摂るようにしましょう。
食事内容を見直すことも大切です。肉類中心の食事ではなく、野菜中心の食事にするなど、食事のバランスを考えながら食べていくことも大切です。
ダイエット中だから適当にちょこっと食べておけばいいや、ではなく、ダイエット中こそ見た目も美しい食事を自分に用意することで、実際の満腹感プラス視覚からの満足度も高くなります。
満足した食事をすると、その後におやつが欲しいと思わなくなってきます。
ダイエット中は、しっかり食事で満足するようにしておきましょう。

ゲームや漫画など、集中してしまうものに没頭する

人は、何か熱中することがあると寝食を忘れて没頭する、という言葉があるように、何か熱中するものがあると、おやつが食べたい、甘いものが食べたいということにとらわれなくなります。
口さみしいな、何か食べたいな、と思うときはだいたいヒマな時です。
そんな時こそ、好きなゲームをしたり、好きな漫画を読んだりして、食欲とは別のことに気持ちを向けるようにしましょう。

ダイエット用のおやつを食べる

ダイエット中にどうしても間食したくなったときは、ダイエット用のおやつを食べることもおすすめです。
食事制限もしながら、おやつも我慢していると、だんだんストレスが溜まってきます。
出来ればダイエット中はストレスなく過ごしたいものです。そこで、賢く間食するためにも、ダイエット用のおやつを食べるようにしましょう。

ダイエット用のおやつには、ヨーグルトが最適です。
ヨーグルトには、腸内環境を整える乳酸菌が豊富に配合されており、ダイエット中のおやつとしては最適なのです。

また、低カロリーのものや少量で膨満感が得られるダイエット用お菓子として売られているものもおすすめです。

どうしても我慢できない!それなら食欲を抑えるサプリもおすすめ

どうしても食べることを我慢できない!という時もありますよね。
そこで、なぜ食欲が抑えられないのかを考えてみましょう。食べたい!と強く思う時は、だいたいイライラしている時や生理前、ストレスが溜まっているなどが挙げられます。そんな時は、我慢せずに食欲を抑えるサプリを飲んでみるのもおすすめです。
ストレスなく、食欲をコントロール出来ると、暴飲暴食によって着いてしまったお肉もあっという間に落とせます。
食欲を抑えるサプリは、すぐに満腹感がやってくるものと、お腹の中で膨らんで膨満感で満腹を感じるものがあります。
自分に合った食欲を抑えるダイエットサプリを選んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA